FC2ブログ

PC(プレストレストコンクリート)の建築見学

念願であった公立はこだて未来大学へ見学に行くことが出来ました。

hakodate03.jpg

hakodatemirai003


また今回は、焼失した駅を街づくりの拠点として再建させた岩見沢駅も見学させてもらう事ができて
非常に勉強に成りました。

iwami03.jpg

iwami01.jpg

iwami02.jpg


この素晴らしい二つの建築の共通点はPCを使った建築という事です。
PC工法というのは、引張力に弱いコンクリートの弱点を克服するため、あらかじめ圧縮力をかけて
工場で製作されたコンクリートの柱や梁を現場で組み立てる工法です。

この工法によって公立はこだて未来大学の様な20mを超える柱でもこんなにもスマートなプロポーションで作ることが出来ます。
そして良く見ると3本の柱を繋いで一本の柱に成っている事が分かります。
この柱を写真で見た時の感動は今も覚えています。

こんな大学で勉強できる学生たちが本当に羨ましい。

またどうしてもシャープな梁と柱に目が行ってしますのですが、床のスラブ厚さはなんと7cmです。
リブ梁が細かく入ったPC架構の為不安定感もなくどちらかというと安定感すら感じる床です。

そして天井のリブ張りの隙間から入る光の筋もコンクリートをPCを使う事で木の様に繊細加工できることから
生まれる美しさですね。

IMG_2919.jpg

まさに現場打ちコンクリートの融通の利かない欠点も解決してくれる夢の様な工法です。

現在弊社でもPCを使った野球場を設計させてもらい、現在は現場監理中です。
湾曲したメインスタンドの長い支点間距離に対応できる工法としてPCを採用しています。

残念ながら必要に駆られて用いたPC工法であったので、繊細な美しさを表現できなかったのは残念ですが
本格的にPCを使う事が初めてだったので非常に勉強に成りました。

次にPCを使うプロジェクトが来たら是非繊細さを追求できるデザインを考えたいと思います。

T市

さて実は初の北海道という事もあり、東京より-10℃の北海道でテンションマックスだった自分は東京に戻ってから
体調不良に陥ってしまいました。

この時期の北海道は侮れないですね....。
場所によっては雪が降ったそうです。

10月の北海道の夜を短パン放浪するのは無謀でした。
お気を付けください。

IMG_3031 (編集済み)

スポンサーサイト




コメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top